植草一秀センセイが、また捕まった。今度は女子高生に痴漢って…。

手鏡事件で冤罪を訴えながら控訴しないという不可解な行動をとっていた植草センセイ。政府・自民党の経済政策を真っ向批判したから、「嵌められた」と主張していた植草センセイ。

1回なら謀略説も「絶対にない」とは片付けられないが、2回となると…。やはり女子高生好きは本物の病気だったんですねぇ。

一般紙はどこも事実を淡々と伝えていますが、スポーツ新聞はみな田代まさしと同じ扱い。「センセイ」という肩書きを持つ、女子高生好きの困った有名人がまたやっちゃった、といった調子で、なんだか可哀想になってきます。

エコノミストとしては、内容、見栄えともいい学者だったと思うだけに、残念です。もう復活は難しいだろうなあ。