阪急と阪神が経営統合に向けて動き出した。関西に住む我々としては、大いに興味がわくところだ。

「高級」「エレガント」な阪急、「庶民的」「野暮ったい」阪神。「宝塚」「東宝」「大規模な沿線開発」と進取の気性に溢れる阪急、「タイガース」「阪神百貨店の地下食品売場」以外にこれといったコンテンツはなく、ひたすら梅田−三宮間に電車を走らせてきた超保守的な阪神。

同じ地域を舞台にしながら、企業イメージ、沿線のイメージ、ひいては沿線住民のイメージまでこれほど対照的な電車も珍しいのではないか。もっとも最近は、阪神沿線もマンション開発が進み、かつての「工場街を労働者を乗せて走る電車」というカラーは大いに弱まっているが…。

統合効果としては、「梅田の一体開発」以外に見いだせないのが苦しいところ。「保線等の効率化が図れる」等株主対策上メリットを強調しているが、どれもパッとしない。

私は阪急沿線に住んでいるが、地元住民からするとこの阪神間、東西は電車が3本も走っていてすこぶる便利なのだが、南北がやたらと不便。南北を結ぶ電車は阪急今津線だけで、あとはバスかタクシー。この不便さを解消できたら、統合効果も大いにあった、と言えるのだが。