JRの脱線事故は、おおよそ原因がわかりかけてきた。

結局、超過密ダイヤの維持を安全より優先させるJRの体質が根本原因だと言える。

ここで私たち乗客側も、もう一度電車に乗る心構えを見直してもいいのではないだろうか。
わずかな遅れでJRに文句を言わない。現に飛行機では、安全優先の思想が乗客にも理解されていて、定時発着しないからといって、よほどのことがない限り、公然と文句を言う人はいない。1分、2分電車が遅れても用件に間に合うように、ゆとりを持って行動することが必要である。

こんなことはないだろうか。
乗る予定の電車に遅れる時間に駅に着いた。次の電車まであと10分、15分待たなければいけない。ところが、当初の目的の電車が何かの原因で遅れたいたとみえて乗れた。おかげで次の電車まで待つ必要がなく、目的地にもほぼ時間通りに到着した。

JRももう一度ダイヤを考え直して欲しい。
とにかく尼崎駅の状況は、事故が起こらないが奇跡であると認識して欲しい。