来年のWBCの監督問題が、イチローをも巻き込む形で、一部野球ファンの間で盛り上がっている。WBCにどれだけの日本人が関心を抱いているかは知らないが、前回の優勝時にはそれなりに全国的な話題を提供したのだから、国民的関心ではあるのだろう。

さて、その監督である。一言で言えば、星野仙一氏でいいのかどうか、という問題である。結論から言えば反対である。私は、タイガースファンなので、同氏のタイガースに対する貢献に対しては大いに感謝している。現在の「強いタイガース」は野村、星野両監督のおかげである。

しかし、現在の星野氏に関しては、また別である。「ダメ虎」阪神を優勝させたことで、なにか異様なまでに「名将」としてのイメージが膨らんでいる(彼は日本シリーズでは勝っていない)。「金メダルしか要らない」と公言しながらのこのこと帰ってきた北京オリンピックの敗因の第一は、監督とお友達コーチ陣にあることは明らかであり、記者会見における「暴言」もひどすぎる。そこでどのように敗因を分析し、総括したのか、寡聞にして知らない。つまり無責任であり、リーダー失格なのである。

さらに星野氏を取り巻く連中、ずばり読売の某トップがあまりに胡散臭すぎる。ゆくゆくは、一時候補にもなった読売の監督としてお迎えするんだろうなあ、ということが見え見えである。

個人的な見解を言わせてもらえば(ブログなので当然だが)、現役の監督にやってもらうのが一番ではないか。他の競技と違って、野球は代表が集まったり試合をしたりする機会が極端に少ないスポーツである。オリンピックとWBCしかないのである。選手はいいが、監督には試合経験を積むチャンスがほとんどないのである。これでは真剣勝負の将としては厳しい。やはり日頃からグラウンドで戦っている現役監督がふさわしいのではないか。