メディアをよむ

日々メディアから流れるニュース、情報について思うところを記します。

2005年05月

町工場の人手不足

神戸市内の中小零細メーカー、所謂町工場を20社余り訪問する機会があった。 ご承知の通り、神戸のメーカーは震災で甚大な被害を被った。特に長田の靴、ゴム製品工場の被害は深刻だった。 今回訪れたメーカーは個人事業から株式会社まで様々であったが、経営者が一様に明るかったことが印象的だ。あれから十年。多くの事業所が潰れてしまったが、今も事業を続けている事業所は、それなりの技術を持ち頑張っている。一様に忙しそうであった。続きを読む

危機感は本当にあるのか

2afd425f.jpg先日、家族でスカイマークスタジアム(グリースタジアム神戸)へ、セパ交流戦、バファローズ対カープを観戦に出かけた。両チーム合わせて42安打が乱れ飛び、16対14で広島が勝ったあの試合である。両チームの投手陣の不甲斐なさはさておき、バファローズが「あわや」と思わせた、それなりに面白い試合ではあった。

しかし、解せないのが、昨年の大騒動の当事者の一角であったバファローズのファンサービスである。

続きを読む

意味不明の朝日の社説

朝日新聞5月5日付けの社説「いま風の湯治もいいね」が、気持ち悪い。

文体は、語尾を「〜ね」で締める呼びかけ調、同意求め調。
そして中身は意味不明。

朝日は、時々この手の文体の社説を書く。
大体難しい問題、特に産経、読売あたりと鋭く対立するようなテーマについて、猫なで声で「皆さんよくわからないでしょ。教えてあげますよ」といった社説を書くのである。

続きを読む

愛知万博

愛知万博たけなわである。しかし興味が湧かない。43歳という年齢のせいか。大阪万博の時は小学校3年生。あの頃のワクワク感はどこに行ってしまったのかな?

現実とつながった未来の姿と、無邪気に信じられた大阪万博。現実とかけ離れた、見世物としか感じられない愛知万博。未来への不透明感が、足を向けさせないのか。

「環境」などという、お祭りにそぐわぬテーマが体験欲求を刺激してくれないのか?なにせ一番人気が「五月とメイの家」だしなぁ。
Profile
湯浅伸一
10年ほど地方紙で記者をしていました。
その後創業に参画し、現在は、関西で中小企業診断士をしています。
ご訪問のついでに
人気blogランキングへ
訪問者数

訪問者数

  • ライブドアブログ