ライブドアとフジサンケイグループの攻防は、ひとまず決着したようだ。

新聞報道などから見ると、金銭面に限ればライブドアの勝ち、フジテレビの負けといたところのようだ。
フジテレビにしてみれば、堀江さんがのこのこ出てこなければ、余計な出費もなく、ニッポン放送を子会社にして、グループ安泰と行くはず。
ところが、金だけでなく、ライブドアとかいう訳のわからない会社に出資までしてリスクを背負ってしまった。市場を甘く見ていたと言えばそれまでだが、「何でこんなことになってしまったのか…」というのが正直な気持ちだろう。
現在ライブドアが本業のネットでやっていることぐらい、人も金も潤沢なフジ側にしてみれば、業務提携までする意味は見いだせないだろう。

一方の堀江さん。会見ではとてもニコニコしていたが、本当にこれでよかったのか。「想定の範囲内」だったのか。
今後の提携の進展にもよるので、現時点ではわからない。
しかし、堀江さんが目標としている「通信と金融のコングロマリット」、ロイターやブルームバーグに一歩近づいたとはとても思えない。
伝統的な媒体を持つことで信用を得ることが、今回の買収の出発点だったはず。フジに株主になってもらい、業務提携するだけでは、何とも尻すぼみの印象はぬぐえない。

最後までスーツにネクタイを拒絶し通した堀江さんの、もう一暴れが楽しみである。