メディアをよむ

日々メディアから流れるニュース、情報について思うところを記します。

靖国を考える

高橋哲哉氏の「靖国問題」(ちくま新書)を読んだ。近づく8月15日に小泉首相が靖国神社に参拝するのか、が注目を集めている。日本人として、中国、韓国等との間の最大の懸案である靖国問題について、一人ひとりが自分なりの意見を持つべきだと思い、この本を手に取った。
 
「外国の圧力に負けるな」「靖国は日本の伝統であり、いちゃもんを付けるのは内政干渉だ」との立場に立つ人々にとっては、納得のいかない内容であろう。しかし、「靖国について何も知らないので一から勉強したい」「これだけ中国や韓国がこだわるのは何か理由があるはずだ」と、素直に読むには格好の靖国問題入門書である。
 
なかでも、以下の点はこの問題について刮目させてくれた。言葉遣いはこのような過激なものではないが、内容的には間違いないと思う。読み間違いがあれば指摘して下さい。
 
・靖国神社が日本の伝統などというのはとんでもない。勝者も敗者も分け隔てなく祀るのが日本の伝統なら、明治時代にできた靖国神社は、時の政府側にたって死んだ軍人のみを祀る特殊な神社である。死んだ軍人を「国のために死んだ」として顕彰するのは、外国にも広くある普通の施設である
 
・靖国神社は、明治になって国の都合で作られた慰霊装置である。分祀について「座がひとつなので不可能」などというが、他の神道とは違う、靖国独自に作った概念であり、自分たちで修正することが出来ないはずがない
 
・靖国以外に国立の慰霊施設を作ることですべて解決するかのような意見に賛同できない。戦後の不戦の誓いを実践しない限り、どのような施設を作っても「平和を誓う」ための施設にはなり得ない。第二の靖国神社が出来るだけである
 
戦死者をどう悼むかは、個人個人によって違って当然である。ましてや公式参拝となれば政教分離原則から判断すべきである。「伝統」とか「戦死者の思い」とか日本人のナショナリズムをくすぐるような靖国擁護論に対して、論理的かつ有効な反撃を加えるに心強い書物である。

オリンピックの野球外しは当然

オリンピックの競技から野球とソフトボールが除外されることになった。残念と言えば残念だが、当然の結論であろう。
 
両競技とも参加国を見れば、その普及があまりにも一部の国に偏っていることは一目瞭然である。独特の競技場は、野球人気のない国では後々使いようがない。ソフトボールなど日本でも五輪時以外注目を集めることはない。
 
日本のメディアでは、「メダルが減る」「五輪出場を目指していたのに…」といった選手、関係者の談話があふれているが、日本のメダルや一個人の夢のために五輪が存在するわけでもなかろう。
 
これらの競技は、いつも日本、米国、台湾、韓国、中国、オーストラリアあたりがメダル争いの常連で、五輪競技として正直違和感を抱いていた人も多いのではないだろうか。
 
残念ながら五輪のスリム化、五輪開催可能国の拡大といった、IOCの理念の方が勝っている。

遠井吾郎さんに合掌

元阪神タイガースの遠井吾郎さんが亡くなられた。
 
私はタイガースファンだが、タイガースを応援するようになったのは1970年代半ばから。ちょうど遠井選手の晩年の頃である。
 
そのころの遠井選手は、ファーストか代打の切り札的な役割だったと思う。シャープなバッティングはさておき、子供心に印象的だったのが、その体型であった。
 
当時のタイガースは「阪神部屋」と揶揄されるほど、太った選手が多かった。遠井選手を始め、田淵、江夏と皆腹が出ていた。スマートなジャイアンツと対照的であった。「タイガースは練習を余りしないから選手が太る」とされていた。
 
しかし、圧倒的にジャイアンツが強かった時代ではあるが、タイガースも「万年二位」と言われるほど強かった。ひねくれ者の私など、「ジャイアンツのように練習して強いのは当たり前。タイガースのように何もしなくて強いのが本当のプロ」と自分を納得させて、ますます応援にのめり込んだものだ。
 
翻って今のタイガース。選手は皆スマートで、格好いい。でも私の応援熱は下がりっぱなしである。私自身が歳をとり、選手が皆歳下になったこともあろう。しかし、あの頃の選手個々の強烈な個性。「勝つ」ためだけに闘うジャイアンツに対してどこまで本気かわからない、それでいてプロらしいプレイを楽しませてくれたタイガースの魅力が、あまり感じられなくなってしまたのも原因であろう。
 
遠井さんに合掌。

戦略なき外交

日本が目指す国連常任理事国入りの雲行きが怪しい。
日本、ドイツ、ブラジル、インドの4カ国が手を携えて、常任理事国入りを狙っている。しかし、他国はそれぞれの思惑からすんなりと「4カ国まとめて」とはいかないようだ。中国や韓国が日本のそれを許そうとはしない、イタリアも反対である。
 
国連常任理事国に限らず、選挙、立候補といったものには、まず、味方、応援団が必要だ。
ところが日本にはこれがいない。
何よりアジアで日本の応援団が少ないことが大きな問題だ。生徒会長に立候補するなら、まずクラスの仲間に応援してもらおうと考えるのが普通。
かといって頼みの米国は、日本を支持はしているが、4カ国は多すぎるとの立場。「米国追随ではない独自外交」などと、小泉さんはかえって胸を張っているが、他の3カ国との調整をどうするか、戦略はなさそうだ。
 
日本に関して言えば、そもそも、常任理事国に入るということが、長期的な国家戦略として計画的に進められてきたのかどうか、甚だ疑問である。
私の知らないところで着々と準備を重ねてきたのかもしれない。
外務官僚はそうなのかもしれないが、小泉さんに限っては、単なる思いつき、人気取りの一つに過ぎないだろう。少なくとも自民党総裁選に立候補した5年前は頭の片隅にもなかっただろう。なぜなら、常任理事国入りを考えていたのなら「靖国神社参拝」を公約にあげるはずがないからだ。人並みの想像力があれば、この公約の実現は中韓を始めとしたアジア各国の反発を招くことは容易に想像が付く。常任理事国入りとは相容れない公約であるからだ。
 
常任理事国入りと靖国参拝は、両立しない。
どちらを小泉さんは優先させるのか。
感情ではなく、国家としての冷静な戦略を立てる必要がある。
 

もっと希少価値のある交流戦に

プロ野球のセパ交流戦も終わり、きょうから本来のレギュラーシーズンが再開する。交流戦については、既に様々なメディアで分析されている。当初予想されていたとおり、おおむねセからパへ観客や売上が移転したものとなったようだ。
 
それにしても「長かった」というのが正直な気持ちだ。通常対戦しないチームが闘う、魅力ある試合ではあったが、それも数少ないからこそ輝く。ホームアンドアウェイで各3試合、1チームにつき合計36試合である。「これでは1リーグと変わらない」という声が一部であったが、うなずける。
 
試合時期は、まだペナントレースの行方が混沌としているこの時期がベストであろう。ただし、試合数について検討の余地はある。
 
メジャーリーグのように、興業、話題性を優先して全チームとあたらないのは、日本のように球団数が少なければ不公平感だけ残るので無理であろう。やはり相手リーグの全チームと対戦する方が、日本には合っている。
 
そこで、考えられるのは、現在のホームアンドアウェイをやめて、1チームあたり3試合、合計18試合に半減させたらどうかということだ。あるチームについては、今シーズンは主催試合(ホーム)3試合、来シーズンに相手方主催(アウェイ)3試合というように2シーズンを1単位とするのだ。
あるいは、今シーズンは「セ・リーグ・イヤー」として全交流戦をセ・チームの主催試合とし、来シーズンは「パ・リーグ・イヤー」とするのだ。
 
どんな魅力的な商品、ソフトでも、必ず「飽き」は来る。
プロ野球にとって、「交流戦」以上に魅力的な新商品はそう簡単に開発できない。となれば、「交流戦」という商品のライフサイクルをいかに延ばすか、どのように新しい魅力を付加していくかが、マーケティング戦略として必要になってくる。
 
いずれにしろ、改革の第一歩は大成功である。くれぐれも「もうやめた」とならないようお願いします。
 
 
 
 
Profile
湯浅伸一
10年ほど地方紙で記者をしていました。
その後創業に参画し、現在は、関西で中小企業診断士をしています。
ご訪問のついでに
人気blogランキングへ
訪問者数

訪問者数

  • ライブドアブログ